長期留学に海外の口座開設は、必要?

留学生

長期留学では、現地で銀行口座を開設したり、国際キャシュカードやクレジットカードは必需品です。

短期留学でも、お金の分け方は。現地の通貨の現金とトラベラーズチェックやクレジットカードが一般的です。

いずれの場合も、はじめて訪れる国や場所では、現地の物価や習慣など状況がよく分からないので、海外でのお金の管理方法は、とても大切です。

海外留学のお金の管理

一般的に、海外の口座開設には、口座開設申し込み書、身分証明(パスポートなど)や住所の証明(郵便など)と、最初の預け金が必要です。

口座開設に必要な書類は銀行によって違いますので、直接銀行に問い合わせしか方法はありません。

海外の口座の種類には、
セービング・アカウント:普通預金
チェッキング・アカウント:当座預金(小切手が使える)

セービング・アカウントは、日本の銀行と同じようにキャシュカードカード(デビットカード)がもらえます。

カードでお金の出し入れや買物もできます。

大きな都市には、日本の銀行や、日本にある国際銀行なども使えますので、口座を持っていれば楽です。

しかし、現地に日本の銀行や国際銀行など無い場合は、とても手間が掛かり大変です。

海外で口座開設すると大変!

現地の銀行の窓口での会話に不安を感じる。

身分証明などの必要書類を用意する必要がある。

銀行カードの紛失や盗難などの手続きが面倒。

留学が終わった後の口座解約の手続きが面倒。

日本から送金に掛かる日にちや手数料の負担が大きい

海外専用プリペードカード

両替不要キャッシュパスポート

海外専用プリペードカード

長期留学に便利なカード

日本にいるご家族からATM・ネットバンキング等で口座に振り込みチャージが可能。

簡単に海外送金が可能で送金手数料が掛からない。

スペアカード付きで盗難・紛失時もすぐに使えます。

引き出したお金は、現地通貨で使える。

マスターカード対応だから買い物もカード1枚でOK!

為替レートが安い時にチャージしておけばお得。

チャージは何度でも可能。

チャージ金をコントロールすることで使い過ぎや盗難に安心。

キャッシュパスポート